2024.05.20

「弁護士三角が法曹10周年を迎えました」〜福岡の弁護士法人三角総合法律事務所〜

当務所は、去る4月に法人化1周年を迎えました。

その前を遡ると、同じく4月に事務所移転2周年、来たる7月で事務所開設後4周年などとなるわけですが、三角個人にとっては、今年が法曹としての10年目であり、
司法修習から数えると満10年の節目を経過したことになります。

修習生時代からは、つけてきたバッジが変遷してまいりましたので、記念がてら、バッジのご紹介をしておこうと思います。



 

修習生バッジ  

修習生バッジは、法学者や法学生を意味するJuristの頭文字「J」の筆記体大文字をモチーフとしており、

3色の配色には裁判官を表す「青」、検察官を表す「赤」、弁護士を表す「白」という意味が込められています。

 

 

検察官バッジ(左) 検察事務官バッジ(右)

紅色の旭日の菊の花弁と金色の葉があしらわれた検察官バッジは、昭和25年に定められました。

その形が霜と日差しのように見えることから、厳正な検事の職務とその理想像とが相まって「秋霜烈日のバッジ」と呼ばれています。

 

 

弁護士バッジ

正義と自由を意味するひまわりをモチーフとしたバッジの中央に、公正と平等を追い求めることを表すはかりが施されています。

 

コミてんラジオニュース一覧